不動産担保ローンの「不動産」とは?

不動産は何か?というとやはり住宅や土地などを思い浮かべます。

この不動産、という意味ですが、その逆となる言葉は「動産」です。

不動産というのは「動かない資産」という意味なんですね。

土地は動きませんし、その土地の上に建てた建物も基本的に動くことがありません。

日本では法律によって土地、建物について一体ではなく、別々の不動産としてみます。

ですので仮に土地は借りた土地、建物は自分の資産という場合、不動産担保ローンは建物を担保に申し込むということになります。

不動産の意味を理解したところで、動産についても理解しておきましょうか。

不動産以外のもの、動かせる資産を動産といいます。

不動産と動産、資産にあたるものとなりますが、違う法律によって扱われています。

建物を不動産として扱う条件は、壁、屋根などで遮断され建物として用途に供しうること、そして、土地に「定着」していることが条件となっています。

不動産担保ローンを利用するという場合、この条件に沿って担保物件を審査するわけです。